【PR】この記事には広告を含む場合があります。

ブログってどうなの?

ブログって何書くの?ネタ切れの心配なし&アクセスが集まる方法を紹介!

悩むフリー素材
悩むフリー素材

ブログに何を書けばいいのかな?
自分には書けることなんてなさそうだな…。

こんな疑問を解消します!

ブログを始めたいけれど、何を書けばいいのかわからない。
そんなあなたのために、この記事ではブログの書き方のコツを紹介します。
ブログ初心者でもすぐに始められる、具体的なアイデアやテーマの選び方、効果的な記事の書き方を解説します。
この記事を読むことで、あなたも「ブログって何書くの?」という疑問から解放され、ブログを楽しく続けることができるようになります。
さあ、あなたのブログライフを充実させる第一歩を踏み出しましょう!

ブログに書くことを決める流れ

ブログに書くことを決めるにはこちらの3つの流れで進めていきます。

  • ブログのジャンル(売るもの)を先に決めよう
  • ジャンルが決まったらキーワードを考える
  • 1つのキーワードに対して1記事書く

それぞれ詳しく説明します。

ブログのジャンル(売るもの)を先に決めよう

  • ASPに登録して案件を探す
  • 過去の経験を活かせると強い
  • これから学びたいものでもOK

ASPに登録して案件を探す

アフィリエイトサービスプロバイダ(ASP)に登録することで、さまざまな商品やサービスの案件を見つけることができます。
ASPは、ブログで紹介する商品やサービスを提供する企業とアフィリエイターをつなぐ役割を果たしています。

A8.netならブログを持っていなくても登録できるので「自分に書けるものはないか」探すのにぴったりです。

>>A8.netをみてみる

これらのプラットフォームでは、自分のブログのテーマに合った商品やサービスを検索し、紹介することが可能です。

ASPを利用することで、自分に合ったアフィリエイトプログラムを見つけやすくなります。

重要なのは、自分のブログのコンセプトに合った案件を選ぶことです。

過去の経験を活かせると強い

ブログのジャンルを決める際、自分の過去の経験を活かすことは非常に有効です。
例えば、以前カメラマンだった人が写真撮影のコツやカメラのレビューをブログで紹介すると、読者にとって信頼性が高まります。
また、自分が経験したことを書くことで、記事の内容が豊かになり、読者にとって価値のある情報を提供できます。
自分の経験を活かすことで、他のブログとの差別化も図れます。
重要なのは、自分の経験をどのように読者に価値ある情報として伝えるかです。

これから学びたいものでもOK

ブログのジャンルは、これから学びたいことや興味のある分野でも大丈夫です。
例えば、料理が苦手な人が「料理初心者の挑戦」というテーマでブログを始めることもできます。
このように、学びながら記事を書くことで、同じような立場の読者と共感を得やすくなります。
また、自分が学ぶ過程を共有することで、読者にとっても学びの場となる可能性があります。

重要なのは、学びの過程を正直に、そして楽しく共有することです。

ジャンルが決まったらキーワードを考える

  • ジャンルに関するメインのキーワード(1単語)を出す
  • 関連キーワードをツールで洗い出す
  • キーワードを選定する

ジャンルに関するメインのキーワード(1単語)を出す

ブログのジャンルが決まったら、まずはそのジャンルを代表するメインキーワードを1単語で考えます。
例えば、料理ブログなら「料理」、旅行ブログなら「旅行」といった具体的な単語がメインキーワードになります。
このメインキーワードは、ブログ全体のテーマを象徴し、SEO対策の基点となります。
メインキーワードを決めることで、ブログの方向性が明確になり、読者にとっても検索しやすくなります。
重要なのは、ジャンルを代表する明確で具体的なキーワードを選ぶことです。

関連キーワードをツールで洗い出す

メインキーワードが決まったら、次に関連キーワードをツールを使って洗い出します。
ラッコキーワード」を使用すると、メインキーワードに関連する様々なキーワードを見つけることができます。
例えば、「料理」のメインキーワードに対して、「簡単レシピ」や「健康料理」といった関連キーワードが挙げられます。
これらの関連キーワードを使うことで、SEO対策を強化し、より多くの読者にブログを見つけてもらえるようになります。
重要なのは、メインキーワードに関連し、読者の検索意図に合ったキーワードを見つけることです。

キーワードを選定する

メインキーワードと関連キーワードを洗い出したら、最終的にブログ記事で使用するキーワードを選定します。
この際、検索ボリュームが高く、競合が少ないキーワードを選ぶことが重要です。
また、読者の検索意図に合ったキーワードを選ぶことで、より効果的なSEO対策が可能になります。
例えば、「簡単レシピ」は初心者向けの料理ブログに適しているかもしれません。

重要なのは、ブログの目的と読者のニーズに合ったキーワードを選ぶことです。

キーワード選定の詳しいやり方」の記事を参考にしてくださいね!

1つのキーワードに対して1記事書く

SEO対策として効果的なのは、1つのキーワードに対して1記事を書くことです。
この方法により、特定のキーワードに特化した内容を深く掘り下げることができ、検索エンジンにおいて高い評価を受けやすくなります。
例えば、「簡単レシピ」というキーワードに対して、初心者でも作れる料理のレシピを紹介する記事を書くとします。
この記事は「簡単レシピ」を求めるユーザーにとって価値が高く、検索結果で上位に表示される可能性が高まります。
また、1つのキーワードに焦点を当てることで、記事の内容が散漫になるのを防ぎ、読者にとっても理解しやすい構成になります。

重要なのは、選んだキーワードに対して深い洞察を提供することです。

記事の質を上げるコツ

  • 書く前に記事構成を考える
  • 競合調査を念入りに行う
  • 具体例で自分の経験を紹介する
  • 過去の自分に対して書く

書く前に記事構成を考える

記事の質を上げるためには、書く前にその構成をしっかりと考えることが重要です。
まず、どのような情報を伝えたいのか、どの順番で伝えるのが最も効果的かを検討します。
例えば、料理のレシピを紹介する場合、材料の紹介から始め、調理手順、最後に盛り付けのコツを説明するという流れが自然です。
このように、読者が情報を理解しやすい構成を考えることで、記事の質が向上します。
重要なのは、読者が求める情報を効果的に伝えるための構成を考えることです。

競合調査を念入りに行う

競合他社の記事を念入りに調査することも、記事の質を上げるためには欠かせません。
競合の記事がどのような内容で、どのような点が評価されているのかを分析します。
また、競合がカバーしていない点や、さらに深く掘り下げることができるトピックを見つけることも大切です。
例えば、他の料理ブログが紹介していない珍しい材料や、特別な調理法を取り入れることで、独自性を出すことができます。
重要なのは、競合との差別化を図り、読者に新しい価値を提供することです。

具体例で自分の経験を紹介する

記事に自分の具体的な経験を盛り込むことで、信頼性と共感を得ることができます。
自分が実際に経験したことや、試したことに基づいて情報を提供することで、読者にとってよりリアルで役立つ内容になります。
例えば、料理ブログであれば、自分が実際に作った料理の写真を掲載し、その調理過程でのコツや失敗談を共有することが有効です。
重要なのは、自分のリアルな経験を通じて、読者に役立つ情報を提供することです。

過去の自分に対して書く

記事を書く際には、過去の自分に向けて書くという視点を持つことが有効です。
これは、自分が過去に抱えていた問題や疑問に対して答えを提供する形で記事を書くということです。
例えば、料理初心者だった頃に困った点や、知りたかった情報を記事で詳しく解説することで、同じような立場の読者にとって非常に有益な内容になります。

重要なのは、過去の自分が欲しかった情報を、現在の知識と経験をもって提供することです。

記事を書く時の注意点

  • 完璧を目指すのはダメ!60点で公開する
  • スマホで見やすさをチェックする

完璧を目指すのはダメ!60点で公開する

記事を書く際に完璧を目指すのは避けるべきです。
60点の品質で公開し、後から改善していく方が効率的です。
例えば、初稿が完璧でなくても、大事なのは内容を読者に届けることです。
公開後にフィードバックを受けながら、記事をブラッシュアップしていくことが可能です。
完璧を目指すあまり公開が遅れるよりも、早めに公開して実際の反応を見ることが重要です。
重要なのは、完璧を目指すよりも、実際に公開して学ぶことです。

スマホで見やすさをチェックする

現代では多くのユーザーがスマートフォンでウェブコンテンツを閲覧します。
そのため、記事を公開する前にスマホでの見やすさをチェックすることが重要です。
例えば、文字の大きさや色、段落の分け方などがスマホ画面に適しているかを確認します。
また、画像が適切に表示されるかや、リンクが正しく機能するかもチェックする必要があります。
スマホでの閲覧が快適であれば、より多くの読者に記事を読んでもらえる可能性が高まります。

重要なのは、スマホユーザーにとっても読みやすい記事を作ることです。


この流れならネタ切れの心配なし!

ブログを書く際にネタ切れを心配する必要はありません。特に、一定の流れやシステムを確立しておけば、常に新しいアイデアを生み出すことができます。
まず、日常生活やニュース、ソーシャルメディアでのトレンドを常にチェックし、それらからインスピレーションを得ることが大切です。
例えば、料理ブログを運営している場合、季節の食材や最新の食トレンドに注目し、それに関連するレシピや情報を提供することができます。

また、読者からの質問やコメントに注目し、それらを記事のアイデアに変えることも有効です。
読者が何に興味を持っているか、どのような情報を求めているかを理解することで、関連するトピックを探し出すことができます。
さらに、他のブログやフォーラム、ソーシャルメディアでの議論を参考にすることも、新しいアイデアを得るための良い方法です。

重要なのは、常に周囲の情報に敏感であり、読者のニーズに応えるためのトピックを見つけ出すことです。

このようなアプローチを取ることで、ブログのネタ切れを防ぎ、常に新鮮で価値のあるコンテンツを提供し続けることができます。

まとめ|ブログアフィリエイト成功のために今すぐ始めよう!

  • ジャンル選定:自分の経験や学びたいことを基に選ぶ
  • キーワード選定:メインキーワードと関連キーワードをツールで洗い出す
  • 記事作成:60点の品質で公開し、スマホでの見やすさをチェック
  • 質の向上:競合調査を行い、自分の経験を具体例で紹介
  • ネタ切れ防止:日常やトレンドからインスピレーションを得る

ブログアフィリエイトを成功させるためには、自分の興味や経験に基づいたジャンル選定から始め、適切なキーワード選定を行うことが重要です。記事は完璧を目指さず、60点の品質で公開し、スマホでの見やすさを確認しましょう。競合の調査と自分の経験を活かした内容で質を向上させ、日常の出来事やトレンドからネタを見つけてネタ切れを防ぎましょう。

-ブログってどうなの?