【PR】この記事には広告を含む場合があります。

初期設定

「ブログやめとけ」と言われる裏側とブログ成功の最強メリット!


「ブログやめとけ」という言葉に、あなたはどんな思いを抱いていますか?
ブログを始めようと思った時、多くの人がこの言葉に出会います。
しかし、本当にブログはやめるべきなのでしょうか?
この記事では、「ブログやめとけ」と言われる理由と、それを乗り越えてブログで成功するための秘訣を紐解きます。
ブログ運営のリアルな現実、挑戦する価値、そして成功への道筋を明らかにします。
あなたがブログを始めるかどうかの決断を下す前に、ぜひこの記事をお読みください。
「ブログやめとけ」という言葉の裏に隠された真実が、あなたの未来を変えるかもしれません。

ブログやめとけと言われる理由

  • 結果が出るまでに時間がかかる
  • 個人ブロガーが稼ぎにくい現実
  • 多岐にわたる知識が必要
  • 記事作成にかかる時間と労力
  • 他の媒体でも稼げる可能性
  • ブログ運営の孤独感
  • SEOの変動と競争の激化

結果が出るまでに時間がかかる

ブログを始めたばかりの頃は、アクセス数が増えるまでに時間がかかります。
最初の数ヶ月は、ほとんどアクセスがないことも珍しくありません。
ブログの内容が充実していても、Googleなどの検索エンジンに認識されるまでには時間が必要です。
この期間、継続して質の高いコンテンツを提供することが重要です。
しかし、すぐに結果が出ないことに焦りや挫折を感じる人も多いです。
ブログ運営は長期戦であることを理解し、根気強く取り組む必要があります。
「焦らずコツコツと続けることが成功への鍵です。」

個人ブロガーが稼ぎにくい現実

個人ブロガーが収益を上げることは、想像以上に難しいです。
アフィリエイトや広告収入を得るためには、大量のトラフィックが必要です。
しかし、多くのブロガーは十分なアクセス数を確保することができず、収益化に苦戦します。
また、競争が激しい分野では、目立つための独自性や専門性が求められます。
このような状況下で、安定した収入を得ることは容易ではありません。
「ブログでの収益化は、戦略的なアプローチが必要です。」

多岐にわたる知識が必要

ブログ運営には、様々な知識が必要です。
SEO、マーケティング、コンテンツ作成、ウェブデザインなど、幅広いスキルが求められます。
初心者にとっては、これらを一から学ぶことが大きな挑戦となります。
特にSEOに関しては、常に変化するアルゴリズムに適応する必要があり、継続的な学習が不可欠です。
ブログ運営は単なる文章の執筆以上のことを要求されるため、多くの時間と努力が必要です。
「ブログ運営は多方面の知識を要する複雑な作業です。」

記事作成にかかる時間と労力

質の高いブログ記事を作成するには、多くの時間と労力が必要です。
一つの記事を書くのに数時間から数日かかることも珍しくありません。
リサーチ、執筆、編集、画像作成など、記事一つを完成させるための作業は多岐にわたります。
また、定期的にコンテンツを更新するためには、このプロセスを繰り返す必要があります。
時間管理と効率的な作業方法が求められるため、多忙な人にとっては特に大変な作業となります。
「記事作成は時間との戦いです。」

他の媒体でも稼げる可能性

ブログ以外にも、YouTubeやSNSなど、収益を上げるための多くのプラットフォームが存在します。
これらのプラットフォームは、ブログよりも迅速に収益を生む可能性があります。
特に動画コンテンツは視聴者の関心を引きやすく、短期間でのフォロワー獲得が期待できます。
ブログ運営に時間を割くことに疑問を感じる場合、これらの代替手段を検討する価値があります。
「他のメディアを活用することで、効率的に収益を得ることも可能です。」

ブログ運営の孤独感

ブログ運営は、しばしば孤独な作業となります。
一人でコンテンツを考え、記事を書き、サイトを管理することは、孤立感を生み出すことがあります。
特に、他のブロガーや読者との直接的な交流が少ない場合、この感覚は強まります。
しかし、オンラインコミュニティへの参加やSNSでの交流を通じて、この孤独感を軽減することが可能です。
ブログ運営においては、他のブロガーとのネットワークを築くことが、モチベーション維持にもつながります。
「孤独感を感じたら、積極的にコミュニティに参加しましょう。」

SEOの変動と競争の激化

ブログ運営において、SEOの変動と市場の競争は大きな課題です。
検索エンジンのアルゴリズムは頻繁に変更され、これに適応する必要があります。
また、多くのブロガーが市場に参入しているため、目立つためには独自性と高品質なコンテンツが求められます。
これらの変動と競争に対応するためには、最新のSEOトレンドを常に学び、読者に価値を提供する独自のアプローチが必要です。
競争が激化する中で、ブログの目立たせ方や読者の獲得はますます難しくなっています。
「SEOと市場の変化に柔軟に対応しましょう。」

「ブログやめとけ」と言う人の特徴

  • ちょっとやってすぐ辞めた人
  • 稼いでいたけどダメになった人
  • 自分のビジネスに引き込みたいから

ちょっとやってすぐ辞めた人

「ブログやめとけ」と言う人の中には、ブログを短期間で辞めた人が多くいます。
彼らはブログを始めたものの、すぐに結果が出ないことに失望し、短期間で諦めてしまう傾向があります。
このタイプの人は、ブログ運営の労力や時間が必要であることを理解せず、簡単に成功できると誤解していることが多いです。
彼らの経験は、ブログ運営の現実を反映していないため、そのアドバイスを鵜呑みにするのは危険です。
「短期間での挫折は、ブログの本質を理解していない証拠です。」

稼いでいたけどダメになった人

一時期はブログで収益を上げていたが、何らかの理由でダメになった人も「ブログやめとけ」と言うことがあります。
彼らは過去の成功体験に固執し、市場やSEOの変化に適応できなかった結果、収益が減少してしまったケースが多いです。
このタイプの人は、過去の成功モデルに縛られ、新しいトレンドや技術の変化に対応する柔軟性を欠いています。
彼らの失敗は、ブログ運営が常に進化し続ける分野であることを示しており、適応と学習が重要であることを教えてくれます。
「過去の成功に固執することは、成長の妨げになります。」

自分のビジネスに引き込みたいから

「ブログやめとけ」と言う人の中には、自分のビジネスやサービスに人々を引き込むために、ブログを否定的に表現する人もいます。
このタイプの人は、ブログのデメリットを強調し、代わりに自分の提供する製品やサービスを推奨することが目的です。
彼らのアドバイスは、自分の利益を優先しており、客観的な情報提供とは言えません。
ブログ運営の判断をする際には、このような偏った情報源に惑わされないように注意が必要です。
「自分の利益のためにブログを否定する人の言葉には注意しましょう。」

ブログはオワコン?今からでも稼げる?

ブログがオワコンかどうか、そして今からでも稼げるのかについては、多くの意見があります。
ブログ市場は確かに飽和状態にあり、新しいブロガーが目立つのは難しくなっています。
しかし、特定のニッチ市場や独自のアプローチを持つブログは、今でも十分に成功し、収益を上げることが可能です。
ブログの成功は、トレンドや読者のニーズを理解し、継続的に質の高いコンテンツを提供することに依存します。
SEOやソーシャルメディア戦略を駆使して、ターゲットオーディエンスにリーチすることが重要です。
「ブログはオワコンではなく、戦略と努力次第で今でも稼げます。」

ブログをやるメリット

僕が感じたブログのメリット5つを解説します。

ブログのメリット

  • 本業以外の収入が得られる
  • ローコスト&ローリスク
  • ブログは資産になる
  • 自分で稼げる力が付く
  • 知名度がない一般人でも稼げる
  • 自分の記事や知識が誰かの役立つ喜びすごい

本業以外の収入が得られる

ブログは真剣に取り組めば副収入を得ることが可能です。

アフィリエイトサイトを運営している人の収入はこのようになっています。

ブログは決して簡単ではないので7割以上が収入が「1,000円未満」ですが、個人でも月100万円以上稼ぐ人もいます。

真剣に取り組めば月1万円や10万円、20万円と稼ぐことも可能です。

本業の収入に合わせて月10万円増えれば年収で120万円増になります。

たか
たか

行きたかった場所に旅行も行けますし、外食でも贅沢できちゃいます!

ローコスト&ローリスク

ブログというビジネスの大きな利点が「費用が掛からない&失敗のリスクが少ない」ことです。

収益化を目指すなら「有料のブログサービス」を選ぶ人がほとんどですがかかるコストはこちらです。

ブログにかかるコスト

  • レンタルサーバー代 ⇒ 1,000円/月
  • 独自ドメイン代金 ⇒ 100円/月(レンタルサーバー会社によっては無料)

お金を掛けようと思えば有料ツールなどたくさんありますが、最低限これでOKです!

普通のビジネスなら店舗や人件費などなどで月数十万から100万以上かかるところですが、ここまで費用を抑えられる業種はほかにはないのかなと思います。

コストが掛からないので「やっぱり自分には合わない…。」と1年後に辞めても1万円程度の損失に抑えられます。

在庫が家に残るリスクもありません。

最初は「文章書くの苦手」と思ってた人でも今では月に何万、何十万と稼いでいる人もいるので、「とりあえず始めてみる!」も全然ありかと思います。

ブログは資産になる

ブログは成長すれば大きな価値を持つ「資産」に化けます。

収益が出るようになると更新のペースが落ちても利益が発生し続ける状態になります。

(そのまま放置しておけばアクセス数が落ちて収益も下がっていきます。)

そしてブログは売却するとかなりの金額になることも!

ブログ運営はライティングなどのスキルアップにもなるし、お金を生み出す資産にもなります!

自分で稼げる力が付く

ブログは0からすべて自分で作り上げるので、ブログ収益がもらえると「会社から給料をもらう」感覚とは全然違います。

僕が初めてブログで収入(10円)を得たのはブログを始めて1年後でしたが「自分の力で稼いげたこと」がとてもうれしかったのを今でも覚えています。

自分で稼げる力があれば「経済的な自由」に加えて「時間や場所に縛られない自由」も手に入ります。

ブログで成功して仕事を辞め、「専業ブロガー」となって好きな場所で好きなことをして生きる人生を歩み始める人もいます。

たか
たか

「自分で稼げる力」があれば自分の人生を自由に設計できます!

知名度がない一般人でも稼げる

ブログはみんなに知られている「有名人」しか稼げないわけではなく、一般人でももちろん稼げます。

ブログにも種類があり有名人がやっているような「日記ブログ」は個人には難しいと思います。

しかし自分の経験を活かして誰かの役に立つブログを作れば知名度と関係なく収益を得ることが可能です。

顔出しも必要ないですし、SNSをうまく運営すれば「ファンを獲得」して収益につなげることもできます。

自分の記事や知識が誰かの役立つ喜びすごい

自分の経験をブログやSNSで発信していると「お問い合わせ」や「X(旧Twitter)」などで質問をもらうことがあります。

そんなときに自分の経験から解決策を提案してあげるととても感謝してもらえます。

悩むフリー素材
悩むフリー素材

感謝とかいいから稼ぎたいんだけど

僕も最初はそんな風に考えていたこともあります。

しかしこの考え方は間違えでした。なぜなら「ブログは誰かの悩みを解決しないと稼げないから」です。

悩みを解決するために必要な商品やサービスを紹介

申し込まれると紹介料が支払われる

これがブログの収益を得る仕組みです。つまり感謝の数だけ収益も増えます。

ネットで顔も知らない赤の他人に感謝されるのは実はけっこう難しいことです。

たか
たか

感謝してもらえた時はブログをやっていてよかったと本当に思います!

ブログのデメリット4つ

僕が感じたブログのデメリット4つをそれぞれ説明します。

ブログのデメリット

  • 稼げない期間が長い&辛い
  • 自己管理できないと稼げない
  • たくさん稼ぐには勉強が必要
  • 状況が一変するリスクがある

稼げない期間が長い&辛い

ブログはすぐに稼げる副業ではありません。

ブログサイトや書いた記事がGoogleに評価されるのに3か月~半年ほどかかるからです。

この期間は記事をたくさん書いてもなかなか見てくれる人もいなく、もちろん収益も0円なのでかなり辛い時期です。

せっかくブログを開設したのにほとんどの人はこの期間に辞めてしまいます。

この期間は誰にでも必ずあるものですし、ブログの下地を作る意味でも重要です。

たか
たか

絶対に稼いでやるんだという強い気持ちで乗り越えましょう!

自己管理できないと稼げない

ブログは半分以上が「自分との闘い」になります。

「今日は疲れたから明日頑張ろう」と先延ばしにしたり、「こんなこと続けていて意味あるのかな」と不安になったり。

誰にも「強制されていない」ために真剣に取り組めない人が結構います。

ポイントは「仕事だと思って取り組むこと」です。

今日は気が乗らないからという理由で会社を休む人は少ないですよね?

「ブログは仕事」と自分に言い聞かせて打ち込むことが大切です。

たか
たか

自分に厳しくできている人が稼げている印象です!

たくさん稼ぐには勉強が必要

「とにかく記事を書きまくる」で稼げるのは月1万円程度が限界です(例外もあると思いますが)。

月10万円、20万円、さらには100万円と稼ぐにはライティングやマーケティング、SEOについて学び戦略を立てなければいけません。

最初の30記事までは「ブログを書くことに慣れる」のが先決なので戦略のことは考えなくてOKです。

ブログに慣れたら「どんなキーワードでどんな構成で記事を書けば成約につながるか」を突き詰めていく段階に入ります。

昔と違って今は記事の質もGoogleに評価されます。

たか
たか

ググればネットにたくさん情報はあるのでそれを読めばOKです!

状況が一変するリスクがある

ブログで稼ぐことができるようになった後の2つのリスクがあります。

  • 商品がなくなるリスク
  • 検索順位変動のリスク

ブロガーにはどちらも厳しいものですが、解決策もあります。

商品がなくなるリスク

紹介していた案件や商品が急になくなることもしばしばあります。

理由としては企業が案件を取り下げたり、企業自体が倒産してしまったりなど様々です。

ひとつの案件のみに頼ったブログ運営をしていると「何十万円も稼いでいたのに急に0円」ってことが起こる可能性もあります。

リスク分散のためにも複数の案件を扱ったり、案件を出している企業の信頼度を事前に調べるなどしましょう。

検索順位変動のリスク

ブログ運営をしていると避けられないのが「検索順位変動のリスク」です。

Googleは年に数回「コアアップデート」と呼ばれる「検索順位を決定するアルゴリズムの変更」を行っており、このときに検索順位が大きく変動します。

検索1位を取れてたのに、コアアップデートによって順位が下がったり、最悪検索圏外に飛ばされることもあります。

有名ブロガーのきぐちさんはなんと年収が1億円下がってしまった経験があるようです。

たか
たか

SNS運用も並行して行いブログに誘導できるようにしておくと被害が抑えられます。

ブログをおすすめしたい理由

  • 本気でやれば人生が変わる
  • 挑戦するリスクが小さすぎる

本気でやれば人生が変わる

ブログを本気で運営することは、人生を大きく変える可能性を秘めています。
継続的に質の高いコンテンツを提供し、読者のニーズに応えることで、信頼と尊敬を獲得できます。
これにより、自分の専門性を示し、ビジネスチャンスやキャリアの機会を拡大することができます。
また、ブログを通じて新しい人々と出会い、影響力を持つコミュニティを築くことも可能です。
ブログは自己表現の場であり、自分の考えや価値観を世界に発信する手段となります。
「ブログはただの趣味以上のものになり得ます。」

挑戦するリスクが小さすぎる

ブログを始めることは、非常に低リスクな挑戦です。
初期投資は最小限で済み、基本的には時間と労力が主な投資となります。
失敗しても、大きな金銭的損失を被ることはほとんどありません。
また、ブログはいつでも始めることができ、自分のペースで運営を進めることが可能です。
この低リスクな特性は、ブログを試す理由として大きな魅力です。
「ブログは、新しいことに挑戦したい人にとって理想的なスタート地点です。」

ブログで成功する人の特徴

  • 何度くじけても諦めなかった
  • 失敗から学んだ
  • とにかく時間をつぎ込んだ

何度くじけても諦めなかった

ブログで成功する人の最も顕著な特徴の一つは、挫折に直面しても決して諦めないことです。
彼らは、目に見える成果が出ない時期が続いても、ブログ運営を継続します。
この持続力は、ブログの世界で成功するために不可欠な要素です。
彼らは、長期的な視点を持ち、一時的な失敗や挫折を乗り越える強さを持っています。
「諦めない心が、最終的に成功へと導きます。」

失敗から学んだ

成功するブロガーは、失敗を学びの機会として捉えます。
彼らは失敗を恐れず、むしろ新しい戦略やアイデアを試すためのステップとして利用します。
失敗から得られる教訓は、ブログ運営のスキルを磨き、より効果的な方法を見つけるのに役立ちます。
彼らは、失敗を経験することで、自分の弱点を理解し、それを改善する方法を学びます。
「失敗は成功への貴重なステップです。」

とにかく時間をつぎ込んだ

ブログで成功する人は、ブログ運営に膨大な時間を投資します。
彼らは記事の執筆、リサーチ、SEO最適化、ソーシャルメディア戦略などに、多くの時間を費やします。
この時間の投資は、ブログの質を高め、読者に価値あるコンテンツを提供するために不可欠です。
彼らは、ブログを単なる趣味ではなく、ビジネスや情熱のプロジェクトとして捉えています。
「時間を惜しまず投資することが、ブログ成功の鍵です。」

ブログ運営の注意点とリスク管理

  • 稼げるジャンルを選ぶ
  • 稼げるまで時間がかかることを理解する

稼げるジャンルを選ぶ

ブログを運営する際、収益を生み出す可能性の高いジャンルを選択することが重要です。
特定のニッチ市場や人々の関心が高いトピックは、より多くのトラフィックと収益化の機会を提供します。
例えば、健康、金融、テクノロジーなどは、常に高い関心を集めるジャンルです。
しかし、競争が激しいジャンルでは、独自性と専門性が求められるため、自分の知識と情熱がある分野を選ぶことが肝心です。
「ジャンル選びはブログの成功に直結します。」

稼げるまで時間がかかることを理解する

ブログから収益を得るまでには、通常、相当な時間がかかります。
初期の段階では、アクセス数の増加や収益化に向けた基盤を築くことに焦点を当てる必要があります。
多くの場合、ブログが安定して収益を生み出すまでには数ヶ月から数年かかることが一般的です。
この期間中、定期的なコンテンツの更新とSEO対策に努めることが重要です。
「ブログ収益化はマラソンのようなもので、忍耐と継続が必要です。」

ブログで成功するための4ステップ

  • ブログを開設する
  • ブログで書くジャンルを決める
  • 記事を書く
  • 定期的に修正する

ブログを開設する

ブログの始め方には大きく2種類「無料サービス」か「有料サービス」かで分けられます。

結論を言うと「稼ぐなら有料サービス(WordPress)」がおすすめです。

「無料サービス」の代表はアメブロ、はてなブログですがこんな痛いデメリットがあります。

  • 貼れる広告に制限がある
  • 急にブログがなくなる可能性がある
  • ブログサービスの広告が消せない

クリック報酬型広告の「Googleアドセンス」の審査には「独自ドメイン」が必要です。

「無料サービス」では「独自ドメイン」は取得しないため審査を受けることができません。

さらに運営会社側のルールを破ると勝手にアカウント凍結されたり、運営会社自体がなくなるケースもあります。

たか
たか

100記事書いた後にすべてなくなってしまったら泣くに泣けません。

ほかにも、運営会社が勝手に貼る広告が消せないためブログ収益が減る可能性も。

ブログで稼ぎたい人は「有料サービス(WordPress)」を選びましょう。

無料の日記ブログで稼げる人は一握り

もちろん「無料サービス」で稼いでいる人もいますが少数です。

「無料サービス」で稼いでいる人の特徴として「読み物としておもしろい」ことです。

「めずらしい育児をしている」とか「日常を漫画にしている」などで注目を集められる人ならOKかもしれません。

インフルエンサーになる勢いで頑張らないといけないので「運」の要素も必要と考えるとハードルは高いと考えます。

たか
たか

残念ながら一般人の日常に興味がある人は少ないです。

稼ぐことが目的ならWordPress

稼ぎたいなら「WordPress」でブログを作りましょう。

もちろん「WordPress」なら貼れる広告に制限もないですし、アカウント凍結のリスクもありません。

最近はレンタルサーバーが「WordPress」を簡単に立ち上げられるサービスもあり未経験者も安心です。

初心者さんがブログ開設を簡単にできるよう解説した記事があるのでぜひ参考にしてみてください。

合わせて読みたい

ブログで書くジャンルを決める

ブログを作ったら次は何を書くかを決めましょう。

こちらの流れをヒントに自分の人生を振り返ってみましょう。

ブログで書くことを見つける方法3つ

  • ブログには自分の経験を書けると強い
  • 興味があることじゃないと続かない
  • ブログで稼ぐなら売る商品があることをチェック

詳しいやり方は「ブログのジャンル選定方法」を参考にしてください。

合わせて読みたい

記事を書く

書くことが決まったら記事をいよいよ書いていきます。

まずは「30記事」を目標に書いてみましょう。

最初はセールスライティングなど難しいことは意識しなくてOKです。

WordPressに慣れることを意識しましょう。詳しい扱い方は「WordPressの記事の書き方」を参考にしてください。

書くことに慣れたら記事構成を意識して書いてみましょう。

読者に読みやすい記事を作ることができます。やり方はこちらです。

合わせて読みたい

定期的に修正する

記事は2~3か月程度に1回の頻度で修正(リライト)をしましょう。

足りない情報を追加したり、読み直して不要な部分を削除したりします。

定期的にメンテナンスされた記事はGoogleからの評価も上がり上位に表示されやすくなります。

たか
たか

読者も更新されていることがわかると内容を信頼しやすくなります。

まとめ|ブログ運営への挑戦を始めよう

ブログ運営は、継続と努力が必要な分野です。成功するためには、適切なジャンル選択、SEO対策、定期的なコンテンツ更新が重要です。また、収益化には時間がかかりますが、失敗から学び、諦めずに続けることが成功への鍵です。ブログは低リスクで始められるため、新しい挑戦を考えている人には理想的なプラットフォームです。ブログを通じて、自己表現や専門性を発揮し、人生を変えるチャンスを掴みましょう。

特徴重要ポイント
ジャンル選択収益性と情熱を考慮
SEO対策定期的な更新と最適化
コンテンツ質と一貫性を保つ
収益化長期的な視点で取り組む
挑戦低リスクで始めやすい

-初期設定